topics

世界的にコロナウイルスが大問題になっていますが、寒い季節になると外気温だけでなく湿度も低くなり家の中も乾燥しやすくなります。そこで部屋の中の湿度を上げるのに加湿器が一番手軽で簡単ですが、実は加湿器が原因で体調を崩す人は少なくありません。加湿器は水を補給するだけでなく、フィルターや水をこまめに交換しないと内部でカビ、雑菌が繁殖していることがあります。それらが水蒸気と一緒に空気中に浮遊すると呼吸器系に侵入して外出と同時に侵入したカビやウイルスが活性化して身体に不調をきたすというものです。加湿しているのに喉の調子が良くならない、逆に加湿器を使い始めてからなぜか体調を崩しやすいという人は一度加湿器の使用をやめてみるか、衛生面での点検をしてみてください。また、個人差もあり室内と室外の極端な環境の変化に対応できない人もいますから、逆に加湿器を使わない方が体調に合う場合もあります。そこで加湿器を使わずに簡単に部屋を加湿する方法をいくつか紹介しておきます。まずは手軽な方法としてタライや洗面器など広口の容器にたっぷり水を注いで熱源の近くや、温風の当たる場所に置くだけで湿度が上昇します。あとは、濡れたバスタオル、洗濯物を部屋干しすると洗濯物は早く乾き、室内は加湿されるという一石二鳥の効果がありますが、定期的に窓を開けてフレッシュな空気との入れ替えをしてください。逆に室温が低く通気性が悪い部屋で外出した場合は梅雨時と同じで雑菌が繁殖して悪臭が発生する可能性もありますから注意してください。部屋の中の温度と湿度に関しては健康面においてもまめに点検しておくことが必要です。その他に加湿方法としてはいろいろとありますが、加湿するからと観葉植物を置く場合には、水をやり過ぎないこと、温風が直接当たらない場所、日当たりの良い場所に置いてあげましょう。