topics

空気や水と同じように電気エネルギーのある生活に慣れきった私達は、そのありがたさを意識しないで暮らしています。けれども今は、電気のない不自由さには身に迫るものがあります。6年前の東日本大震災直後の計画停電でさえ不便さを感じたものですが、大規模な自然災害のたびに各地で起こっている長期間の停電、しかも大規模な範囲でこれが長く続くとなれば、個々の家庭生活だけでなく、社会生活そのものが、まったく立ち行かなくなってしまうこともわかりました。ある映画では、東京ではもう住めないので多くの人が徒歩で田舎に帰ろうとしている映像もありました。今や電気エネルギーはなくてはならないものとなっていますが、田舎に帰らなくてもよい、昔のように電気が無くても暮らせる住まいづくりと電気のある便利な生活、これが今からの家造りに必要なことではないでしょうか。