topics

令和の時代になってからの様子を見ていますが、何だか慌ただしく動いています。その中でも、世界的な異常気象で、日本でも今年もまた「異常な夏」が来るのかもしれません。しかし、毎年こうして記録を更新してくると「異常を異常と感じなくなる」のでしょうか。 気象庁などによると、「地球温暖化の影響がなければ、2018年の日本の猛暑はほぼ起こらなかった」とするコメントに注目を集めていますが、それによると、「異常」は様々な分野で確かに忍び寄っているのを感じます。今まさに起こっている集中豪雨、年々勢力を増す台風など。このまま地球温暖化が進めばどうなるのか、そして私たちの暮らし方はどう変わるのでしょうか。また地球温暖化を止める手立てはあるのでしょうか。温暖化がなければ、昨夏の猛暑はなかったと言いますが、日本国内でもあの北海道で記録的な高温となり、私の住む埼玉県熊谷市で最高気温 41.1℃を記録しました。これは観測史上、全国1位。しかし、海外では、アルジェリアで51℃、米国カリフォルニアで52℃。今年はすでにほかの国でも、すさまじい高温が観測されています。統計的に異常気象が増えているということは事実で、多くの研究機関でも証明されています。しかし、ある特定の異常気象もあって地球温暖化のせいかどうかが実は科学的に解明されていないものもあるそうです。いずれにしても私達はこの世界的な異常気象から逃れることが出来ませんから、大切な住まいもあらゆる自然災害に対する備えが必要だと言うことになります。