topics

部屋にエアコンがあると自然とエアコンに頼ってしまいます。家の造り方も良くなって部屋の中にエアコンがあれば、暑い夏も寒い冬も一定の温度に保つことができるようになりました。家を造るときには、出来れば親と同じように子供にも快適な生活をさせてあげようと思ってエアコンのある部屋で生活させている家庭も多いのではないでしょうか。しかし、これは部屋の中の快適性を保つには便利ですが一方、健康面においては問題点がいくつかあります。それはいつも部屋の中が快適な一定温度に保たれてしまうと、外出したとき等に自分で体温を調整する機能が弱くなってしまうことです。体温調整の機能が弱くなるということは暑さや寒さにも弱くなるということにもなります。エアコンに頼り続けると温度変化の小さい生活に慣れてしまい体温調節ができ難くなってしまいます。また、この体温調節の機能が働きにくくなってしまうと、いざエアコンのない場所や長期停電になった場合などには、我慢ができなくなって色々な面で苦労することになります。人は暑いのに汗が出にくくなってしまうと疲れやすく、寒いところではすぐ体温を奪われて自然と動きが悪くなります。昔から子供は風の子と言って適度な暑さや寒さを感じさせることは、子供の体の健康にはなくてはならないことでした。特に子供のうちは、この体温調整を鍛える時期ですから、本当に子供のことを思うなら、あえてエアコンなしの生活がいい。暑い夏にはたっぷり汗をかき、寒い冬には体を震わせてすごすなど。どうしても我慢できないときにはリビングで過ごさせるようにした方が、子供とのコミュニケーションもよりはかれるのではないでしょうか。