topics

新円札の発行が公開されましたが長期間に渡る低金利政策によって住宅ローンからも撤退する金融機関が増えているそうです。そして、融資や審査もこれまで以上に厳しくなりそうとのことですが、変動金利型を選択している場合でも、今後の社会情勢から低金利状態がしばらく続く見込みと考えられており、大きな影響は受けにくいと言えます。従って、低金利状態である現在は、消費者にとっても住宅ローンの借入がしやすく、金利の影響だけを考慮すると、住宅の買い時であると言えるでしょう。融資金利や融資手数料などは、各金融機関によって異なりますが、フラット35の支援を利用すれば、現在はほぼ1%台の金利で借入できるケースが多いことが特徴です。また、新規で借入する場合は、全期間固定金利よりも低い金利で利用できることもあり、万が一金利が上昇した時のリスクにも固定金利に変更しやすく、この制度の利用することで住宅が購入しやすくなると言えるでしょう。低金利が続いている今だからこそ、住宅を購入しようと考える人も多いのではないでしょうか。しかし、家族の転勤や子供の進学、成長に合わせて住宅を購入するタイミングはさまざまで、転職によって収入面が不安定になることも考えられるため、低金利ということだけにとらわれることなく、自分や家族にとって適切なタイミングを考慮することが最も重要なことだと言えるでしょう。