topics

今年も梅雨時から夏にかけて発生するカビ。昔から生活環境をよくするためにカビ・ダニが生えない、生息できない家として日本では造られてきました。しかし今では一年中私たちの身の回りにカビは生息しています。壁の中や台所などの水回りのほか、網戸やエアコンの中までも、意外なところにカビは潜んでいます。人体に影響を及ぼす細菌などの汚染物質は、触れたり、口から入るものもありますが、最も多いのが空気感染、呼吸によるものがほとんどだそうです。特にカビ(細菌)による健康被害が意外と多くネットで見てもカビの存在自体が危険で家族の健康を大きく左右しているようです。同じ家族でも抗体や子供のように抵抗力が弱いと徐々に体を害するようです。お医者さんに診察してもらっても、お住まいが原因とは言われません。ハウスダストやアレルギー体質で済まされてしまいますが、原因は家の中に潜むカビやダニの死骸とフン、それらがアレルゲン(ハウスダスト)となって空気中に浮遊しているからです。最近のTVコマーシャルで空気清浄機や掃除機でフィルターなどにハウスダストがいっぱい取れたと喜んでいてはダメです。それだけ家の中から繰返し繰り返しハウスダストが湧き出てきているということになりますから。空気清浄機や掃除も欠かせませんが、元から絶たなければ限がありませんから、省エネ住宅はカビが生えないダニが生息できないこと、結露しない住宅が一番の防護策で健康的な省エネ住宅だと言えます。