topics

これからは人も住宅も100年時代になります。住宅は20年も価値はなくなるからどこで建てても車と同じで新しいものに建て替えたほうがいいという人がいますが、これは住宅の価値を固定資産税の評価額を見て、勘違いしているからではないかと思います。住宅の寿命は造り方によって100年は平気で持つ建物になるのです。ところが最近の住宅の造り方のように「通気層」「防湿層」をちゃんと設けないで、見た目の良いデザインや設備ばかりが先行して、安かろう、悪かろうの建物では長く持っても30年ぐらいの寿命しかありません。特に屋根の寿命なんか20年でメンテナンスが必要と言うものがほとんどです。しかし、昔ながらの施工方法となれば、60年ぐらいは平気で持ちます。私たちが造る長寿命住宅は100年の耐久性があるとも言われています。この差は、経済的にみても住み継ぐ人にとっては大きいと思いませんか。そんな長寿命住宅にするには、確かな耐震性とメンテナンスフリーで長持ちする造り方とすることで、これらは注文住宅だから出来る事なのです。耐震性や断熱性についても机上の計算だけでなく、耐震性能や断熱性能が本当に長年にわたって持続できるか、通気層や防湿層の重要性が本当に理解できているかなど、住宅の価格だけでなく長寿命住宅を造る人たちに知識と技術があるところかどうかを確かめ、納得したうえで家づくりをお願いしたほうが良いと思います。