topics

家づくりの中で子供部屋の広さはどのくらいか、宿題はどこでさせるのかなど悩みはつきないものです。子供が一人で寝るようになったころから思春期を過ぎるまで、子供部屋はたくさんのことを学び成長する場所でもあります。その子供部屋に関して一番欠かせないことは、子供が帰宅したときに直接子供部屋には入れず家族と自然に顔を合わせられるようにすることです。つまりリビング・ダイニングを通らなければ自分の部屋に入れないようにしておくことです。こういった家族を感じられる間取りは子供を安心させる結果にもつながります。親子が自然に触れ合う機会、とくに子供の導線と両親の導線がなるべく交わるような間取りにすることが理想的なのです。あとは開放的で見通しの良い子供部屋にすること、狭くとも勉強をする場所や遊べる場所、寝る場所などを複数用意することで動き回る子供の姿をつねに把握することができます。子供が自分の部屋に入ってしまえばお互いの姿がまったく見えなくなってしまいます。スマートホンの時代でもあり、親もキッチンや自室にしか目がいかないこともあります。ですから家族の誰もが自由に集まり好きなことができるリビングに多目的な空間を設け各自の個室のかわりにいくつか造っておくとよいでしょう。オープンなスペースに作っておけば、どこにいてもお互いの姿が見えやすく、コミュニケーションがはかれて一石二鳥、いや三鳥、四鳥になるかもしれません。