topics

原油価格が高騰していますから、近いうちに光熱費がまた値上げされるのではないでしょうか。私たちにとって光熱費の値上げには待ったなしですから、その分節電するか、何かを切り詰めて生活するしかありません。そこで光熱費を抑えるためには暮らし方も変わってきますから、家の造り方も昔ながらの家造りに近づいてしまいます。しかし、夏の暑さだけでなく、冬の寒さに対しても対応できる家造りにしておかなければいけません。そこで、光熱費が少なくて済む家造りのポイントを何点か押さえておきましょう。1番大切なことは窓です。ガラス窓の不必要な大きさは熱の出入りがかなり激しいので避けてください。そしてその窓の配置は家の中、部屋の中全体に新鮮な空気が流れる、採光も風通しも良くなるように開閉できる窓を小さくても実用的な箇所に設置にしてください。2番目には、異常気象の影響もあって夏と冬には冷暖房は欠かせません。最新式のエアコンは、電気代も安く手軽で安全な冷暖房機器と言えます。しかしエアコンも多機能型は消費電力がかかりますから、SPI工法では冷暖房だけの単純な機能付きのものを推奨しています。エアコンは冷房より暖房に使う比率の方が高く、電気代も暖房の方がかなり高くなりますから、部屋の大きさが光熱費の削減には欠かせないものとなります。広いリビングは冬の暖房時には、部屋を仕切れるように工夫しておくと光熱費が大幅に削減出来て暖かく暮らせます。3番目は家の断熱性と気密性を高めて置くことです。しかし、家の断熱性能もただ断熱材を厚くするのではなく、熱の移動や蓄熱、伝導などによる弊害、また結露発生による湿度管理にまで気をつけておかなければいけません。結局、照明器具や家電製品に要する光熱費は別として冷暖房に要する光熱費をいかに削減できるかによります。また近年の災害によって大規模停電が頻繁に発生していますから、電気エネルギーだけに頼らない、自然エネルギーである太陽光や風、地熱や生活発熱が利用できる家造り、つまりパッシブ型の住宅が再燃してくるでしょう。