topics

断熱材の厚みも重要ですが単純に断熱材の厚みを厚くするだけではかえってその住宅の住み心地を落としてしまうことにもなりかねません。大切なのは、気密性と防湿処理、そしてSPI工法のような通気性能です。通気の具体的な効果・内容については、取り扱い工務店にご相談ください。また、住宅の断熱工事は床・壁・天井の断熱以上に屋根に断熱工事をするとかなり夏場は効果的です。その他にも開口部、つまりサッシの仕様や大きさを適正なものにしないと建物の断熱性能としては効果が半減してしまいます。開口部の断熱性能は床壁天井(屋根)の断熱性能とは違いかなり劣り、カラス面の開口部分からの熱移動が大きいので、床壁天井(屋根)の断熱材を厚くしてもあまり意味がないことになります。あとはZEHのごとく断熱を確かに厚くすると数字的には住宅の断熱性能はかなり上がります。しかしよく問題になっているのがちゃんと施工されているかどうかです。これが一番大事です。従前の隙間だらけの戸建ての住まいと比べて実際に住んで体感してみると「暖かくなった」と感じるのですが、実際はしばらく住んでいるうちに「寒い」と感じる人が多いのも事実ですから、断熱材は厚さだけではダメです。気密性と防湿処理、つまり結露しない、熱だまりが出来ない施工方法が大切ですから、断熱材は厚さだけではなく施工方法をよく確認してから家造りに取り組みましょう。