topics

AIの進化で住宅も進歩を遂げていますが、人が暮らす住まいについては昔と同じような造り方の方が良いのではないかと言われだしました。それは建物も昔のように新鮮な空気に触れていたほうが住む人の健康に良いのではないかというものです。例えば、中国で2011年に行われた研究の中で、建物の換気が悪いところで暮らせば呼吸器感染症にかかる割合が高まるという結果が出ているのです。ここ日本でも最近の爽やかな気候のときは窓を開ければ生き返ると言うか、部屋の中も爽やかになります。WHO(世界保健機関)も,外気を建物内に取り入れることなど自然換気が感染予防に重要であると認めています。2009年に発行されたWHOのガイドラインにも医療施設での感染リスクを減らす効果的な手段として,自然換気を活用するようにと勧められています。つまり、昔のスカスカ住宅の方が長持ちして空気環境も良く、住む人も健康的に暮らせるというものです。このことからただ気密性を高めて断熱材を厚くするだけではダメで建物も人も健康的に暮らせる家の造り方が問われるようになっているようです。皆さんも窓を開けて新鮮な空気を家の中に引き込んでみてはいかがですか。その点、SPIの3重通気工法は家の中全体の換気が可能ですからいつまでも安心して健康的に暮らせます。